トップページ
塗装・カスタムペイント

バイクのイメージをガラッと一変させてしまうモノ…

それは、
ペイント!

オーナーだけのオリジナルイメージのペイントや純正パターンで色違いの塗装、ラインやロゴ・パターンなどを入れるだけでも愛車が見違えます!

タンクの凹みやキズ、カウル割れや転倒キズなどの板金塗装、純正カラーでの塗装修理・塗り直しなどもお気軽にご相談下さい。

問い合わせ先は、コチラ!
TEL&FAX:03-3320-6799 メール mail@b-gene.com
料金
基本塗装単位 タンク、サイドカバーx2、テールカウル、フロントフェンダー
いわゆるネイキッドタイプのバイクを構成する外装品を基本として
単色の基本塗装料金が
¥60,000〜
(凹みやキズなどで修正が必要な場合など料金変動いたします)
塗装

ソリッド 単色ペイント
no
image
メタリック・パールなど全く入らない、ただの色でも、色の選択次第ではかなりのインパクト!
『ソリッド塗装』のソリッドとは、いわゆる“単色”のこと。白、赤、青、黄など、単一の色目のボディカラーをいいます。メタリックやパール塗装と比べて、シンプルな塗装といえますが、それ故根強い人気も。
大会社の社長専用車の黒や軽トラックなどの白は、このソリッド。 したがって、ソリッドの補修塗装は、後で述べるメタリックやパール塗装と比べて、一般的に補修塗装がしやすいのも特徴です。
最近の乗用車では、高外観指向や耐久(候)性の面 から、ソリッド塗装の上にさらに透明なクリヤー塗料を塗装している車種も多いです。
▲先頭へ

2コート(メタリック,パール)ペイント
2コートとなるとかなり選択肢が広がります。
『メタリック塗装』のメタリックとは、微粒なアルミ片のこと。このメタリックは、サイズや色など種類がたくさんある。ソリッドカラーの中に、メタリックを混ぜて塗装するのが、『メタリック塗装』
単一なソリッドのボディカラーの中で、光に反射してキラキラと輝くメタリックが“色を添える”わけです。また、見る角度によってボディカラーの色目が変化します。
『メタリック塗装」では、必ずカラー部分の上に透明なクリヤー塗装が施されます。理由は、カラー部分に混じった微粒なアルミ片をコーティングするため。これを行なわないと、アルミ片が空気中に絶えず触れたままとなり、酸化(錆)を進行させます。アルミも錆びるんです白く粉を噴いた様に。
▲先頭へ

3コート(パール)ペイント
下色とパールの組み合わせでかなり変化のある色が可能な3コート(パール塗装)。
『パール塗装』のパールとは、石の雲母(マイカ)の微細な粒のことです。これは半透明の膜が幾重にも積み重ねた構造になっており、光が当たると、透過しつつ各層ごとに複雑な反射・屈折をします。これが真珠のような独特の光輝感を生み出すのです。マイカにも、サイズや色目など、いくつか種類があります。
『パール塗装』もメタリック塗装同様、ソリッドカラーにマイカを混ぜて塗装し、その上にクリヤー塗装を施します。マイカは錆びたりしませんが、カラー部分で塗膜の表面 がブツブツしたままでは、耐久(候)性がありませんからね。
▲先頭へ

キャンディーペイント
ベースにシルバー(色付メタリック)その上にカラークリアーを塗装します。
深みのある、透明感のある色に仕上がります。
 
▲先頭へ

オプション
多色(グラフィック)ペイント
 ロゴ入れ エアーブラシ 特殊ペイント 蛍光 蓄光
 ぼかし フレーク ゴーストライン マジョーラ などなど
 他、お問合せ下さい
 
▲先頭へ

ヘルメット塗装
世界に1個だけのヘルメットはいかがですか?
(ネーム入れ〜デザイン塗装まで)
 
▲先頭へ

板金
タンク補修
転倒などで凹んだタンクも修理します。
(凹みの程度により直らない物もあります。)

▲先頭へ
気になるメニューがありましたら、お気軽に問い合わせ下さい!!
TEL&FAX:03-3320-6799 メール mail@b-gene.com


〒151-0071 東京都渋谷区本町3-39-7 フォーレスト清水橋1F TEL:03-3320-6799 FAX:03-3320-6790
Copyright (C) 2006 moto shop B.Generation. All Rights Reserved.